8c83a431f3de7729c713c935e86a24b2_s
母の日種類といえば、カーネーション!!

そういう人も多いのではないでしょうか?

私もその一人なんですけどね~、調べてるとカーネーション以外にもいろんな花があったんです。

意味も含めご紹介しますので、今年はカーネーション意外の花を贈っても良いですね♪

また、あえて定番を外すことによって、「考えてくれたんだなぁ~」と好印象にもなっちゃいますよ(>_<)b

スポンサードリンク

母の日の花の種類はこんなにある

母の日に贈る花はカーネーション以外にはこんな種類がありますよ。

バラ
ガーベラ
ユリ
アジサイ
ブーゲンビリア
セロシア
クレマチス
マーガレット
ベゴニア

それぞれの花言葉

・バラ 黄色⇒「嫉妬」詳細は別記事の「バラの意味は色によって違う」でご紹介しております。

・ガーベラ
赤色⇒「燃えるような愛」
ピンク⇒「熱愛」
オレンジ⇒「冒険心」「神秘的」
黄色⇒「究極の美」
白⇒「希望」

・ユリ
「純粋」「無垢」

・アジサイ
「元気な女性」「辛抱強い愛情」

・ブーゲンビリア
「情熱」「魅力的な」

・セロシア
「おしゃれ」「希望」

・クレマチス
「美しい心」

・マーガレット
「秘めた愛」「誠実」

・ベゴニア
「幸福な日々」「親切」

カーネーションの意味は別記事の「カーネーションのダメな色の見分け方!」で詳細を掲載しております。

花言葉はありますが、お母さんが気にする人なのか、気にしない人なのかによって変わってくると思います。

好きな花を知っているのなら、花言葉なんて気にする必要はないですよ♪

また、贈り方も花束なのか、鉢植えなのかでその後の用途が変わってきますのでご注意です。

  • 花束の場合
    花束は基本的に切り花なので、様々な種類の花を一緒に束ねることが可能です。また、花瓶に入れて保存する事も可能ですが長持ちはしません。
  • 鉢植えの場合
    鉢植えは花束とは異なり、種類が一種類に限られます。しかし、花束より長持ちするうえに長く育てていくことが可能となります。

贈った花を大事に育てて欲しいという願望があるのなら、鉢植えで贈る方が適しているといえるでしょう。

贈った後のことをイメージして花束か鉢植えかを選ぶと良いですよ~(´▽`*)

スポンサードリンク

編集後記

039
如何だったでしょうか、カーネーション以外にも母の日に贈る種類がいろいろありましたね。

色々とアレンジを加えてみるとか、花言葉で構成してみるなど、あなたのオリジナルであればきっとお母さんは喜んでくれると思いますよ^^

日頃の感謝の気持ちを込めて、年に一度なので恥ずかしがらないで贈ってみましょう♪

母の日なんて商売の戦略だから関係ない!なんて寂しいことを言ってはいけませんよ~(´▽`*)

スポンサードリンク