97496448f994f8d22584d568b4fc74ad_s3月3日は「ひな祭り」ですね^^

子供に「ひな祭りってなんでやるの~?」って聞かれる季節がやってくるのです。

ひな祭りの由来を理解して、簡単に子供に教えられる説明の仕方をご紹介しちゃいます♪

聞かれても意外と回答に困ってしまうのが現状だと思いますので、ご紹介する説明方法で子供を笑顔にしちゃいましょう^^

スポンサードリンク

ひな祭りの由来の簡単な説明方法

cfba9c9118cf805bc2d92c15b8bd9eae_s
さっそく、ひな祭りを子供をに説明してみましょう

こんな言い回しでで説明してみて下さい。

「ひな祭りはなんでやるの?」

「○○ちゃん、それはね、みんなで病気にならないで元気になる為だよ」

「お母さんが病気になって痛い痛いしたら○○ちゃん嫌でしょ?」

「お母さんも○○ちゃんが病気で痛い痛いってなるの嫌だもん」

「この可愛いお人形さんが、○○ちゃんとお母さん(もしくはお父さん)を守ってくれるんだよ^^」

「だから、お人形さんにありがとう~って!」

「これからもよろしくね~ってっ! みんなでお祝いする日なんだよ」



この説明で、幼稚園児は笑顔で分かってくれた様子でした(´▽`*)

f9f90ebd9d2e06b083adf9003fe0f541_s

説明方法には色々ありますが、ポイントをお伝えします。

子供にひな祭りを説明する時のポイント!

  • ひな人形を持ちながら説明してあげる
  • 出来る限り簡単な言葉で、嫌な事から守ってくれることを強調する
  • 子供の名前を何回か読んであげる
  • 痛い痛いなど簡単な表現をオーバーアクションで行う
  • ゆっくりと説明してあげる

これは、オーバーアクションで嫌な感情を表現することで、子供に嫌な事をしっかりと連想させてから、守ってくれる安心感を与えることで印象づけることが出来ます。

また、名前を読んであげることで、自分に重要なことなんだと認識してくれるようになります。

ひな祭りの起源は、女の子は関係無かった!?

74bba86bf81f06c51cb2b0fc465852f1_s簡単な説明だけでなく、ひな祭りの由来と起源をご紹介しちゃいます。

ひな祭りは女の子の為の行事であることは有名だと思います。

しかし、起源では女の子の祭りでは無かったんですよ。

それは、人形を用意して、健康的に成長して幸せであるようにと願いながらお祝いをする行事でした。

日本のひな祭りのは、中国で行われていた風習が期限となっております。

古代中国の風習

  • 時は、3世紀前後の中国の3月最初の巳の日
  • 「季節の変わり目は邪気が入りやすく、災いをもたらしてくる」という考え方から、水辺で禊(みそぎ)を行っていました
  • 川に盃をながして、その盃が到着するまでに歌を読む

これらを行うことによって、邪気を払っていたのです。

この風習が遣唐使によって、日本に伝えらえれたことから、禊(みそぎ)が行われるようになりました。

初めは御祓いの儀式として行われておりましたが、平安時代には、人形(ひとがた)をかたどった紙などをで、自分の体をなでて邪気を人形に移し、川へ流すようになったのです。

これが、今でも埼玉県や京都府などでも行われいる「ひな祭り」の起源である「流し雛」の由来となります。

スポンサードリンク

3月3日(節句)が女の子の祭りになるのは、戦国時代後

波乱の戦国の世が終わりをつげ、平和な江戸時代になると、当時の徳川幕府によって3月3日を五節句に仲間入りし、5月5日が「男の子の日」だったので、こちらを「女の子」として祝うようになりました。

五節句とは、この五つです。
3月3日(上巳の節句:ひな祭り)
5月5日(端午の節句:こどもの日)
7月7日(七夕の節句:七夕)
9月9日(重陽の節句:くんち)

ちなみに、ひな祭りのことを「桃の節句」と言っているのを聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

これは、次の2つの理由によるものなのです。

  • 桃の木には邪気を払う力があると考えられたこと
  • 丁度、桃の開花する時期と重なっていたこと

だから、「桃の節句」といわれているのです。

ひな人形の生まれは、他の風習と合わさって生まれた

ca6822d27e573f73f7b307bb64f17a69_sここまでの話しでは、ひな祭りではなく、紙などでかたどった人形(ひとがた)を川へ流すお祭りになります。

この人形と、宮中で幼女が人形を使って遊ぶ「ひいな遊び」というのが合わさったのです。

全く関係無かったのが、人形を使っているということから、一緒になったんですね^^

これが、「ひな人形」の由来です。

ここから、人形作りの技術が向上し、今のひな人形へと進化しました。

こうして「ひな祭り」が生まれたのです。

編集後記

ひな祭りの由来は、災いの原因である邪気を払うことです。

可愛い人形に邪気を移して、変わりに災いを引き受けて貰おうという行為です。

子供に簡単に説明する時には、このような事実は不要ですよね^^;

  1. 邪気を人形に移す

  2. 守ってくれる

  3. 元気でいられる♪

と言ったように、子供には嫌なこと(病気や痛いなど)から、自分、お母さんや保育園の先生を守ってくれるという論法の方がわかり易くて、楽しいと思いますよ♪

感受性の高すぎる子供だと、可愛い人形が自分達の犠牲になってくれるとか思っちゃうかも知れませんしね^^;

これでは、笑顔になるどころかムッとしちゃいますからね。

また、ひな祭りに関する他の事柄を他の記事にまとめましたので、ご参考にして頂ければ幸いです。<(_ _)>

ひな祭りの意味や由来を私的に項目別にご紹介はこちら

スポンサードリンク