0-025月5日の端午の節句に空を彩る鯉のぼりを飾りますよね。

子供の頃に私も飾られた覚えがありますが、ふと自分が大人になってみると意味ってなんだっけ?となりましたので調べてみました♪

子供にも簡単に教えられるようになりたいですよね^^

今回は、端午の節句に鯉のぼりを飾る由来や意味をご紹介致します。

スポンサードリンク

端午の節句の鯉のぼりには子供の将来を願う意味がある

鯉のぼりの意味とは、ずばりコチラです。

  • 子供の元気な成長を願う
  • 出世してほしい

この2つの意味があります。

これは、中国から流れてきた風習に由来してしているのです。

中国では「鯉が変身して竜になり天へ昇ったと」いう話しがあるのです。

滝の落ちる水に逆らって一匹の鯉が滝を登りきったら、龍になったというお話しです。

そのことから、龍は皇帝の象徴ともされており鯉は縁起の良い魚となりました。

滝の様な激しい流れに立ち向かっていき、尚且つ打ち勝つ強さを持って欲しいという願いが鯉には込められており。

このような意味をもったと言われております。

確かに、滝をも登る程の元気や勇猛さは物凄いですよね^^

自分の子供がそんなふうになって欲しいということですねっ!

まあ、実際に滝を登ったらビックリしますが・・・

その為か、日本では将軍家に幟(のぼり)を立てて祝う習慣が起源となり武家も真似していって広まっていったといわれているんです。

時代的にもゲン担ぎを重んじている時代だったので、おそらくあっという間に広まったと思いますよ。

あ、ちなみにこの鯉が登ったという滝や激流を登竜と呼びまして、登竜門(とうりゅうもん)という言葉が生まれたとされているんですよ♪

鯉のぼりの由来は武者のぼり

鯉のぼりは知っているけど武者のぼりって?という人が大半だと思います。

私も調べるまでは知りませんでしたしね^^;

難しい説明は逆に混乱しますので簡単にご説明します。

武者のぼりとは、時代劇なんかで馬や人が家紋と絵を描いた旗を持っているのを見たことがあると思いますが、あれです。

「絵なんて描いてあったっけ?家紋だけでしょ!」

と思ったあなたは鋭いっ( ̄ー ̄)

そうなんです、時代劇で実際に武者が使用している「のぼり」には家紋しか入ってません。

これは室町時代の武家社会で「端午の節句」に武者のぼりを立てて祝ったことが始まりなんです。

これを庶民が真似をした時に「武者の勇気や強さ」と「子供の幸せ」を願って絵を添えて飾ったんです。

それが、江戸中期になると庶民の武者のぼりに描いてあった「立身出世のシンボル」である鯉の滝登りの絵柄から鯉のみへと独立していったんです。

今のような立体的になったのは明治時代になりますので、それ以前はペラペラの絵だったんです。

これが、「端午の節句で鯉のぼりが飾られるようになった由来」です。

また、鯉のぼりには黒・赤・青の三匹が一般的には必要とされているのです。

スポンサードリンク

鯉のぼりの色は家族円満の意味が込められている

0-05
中国から伝わったのは「緑・赤・黄・白・紫」の5色となりますが、これは、古代中国の陰陽五行説から由来しており日本の文化とは馴染が遠すぎるので割愛しちゃいます。

細かくすると意味が逆に分からなくなりますから、専門かになる訳ではないので、そうなんだ~程度で大丈夫!

日本で使用されている一般的な三色である「黒・赤・青」についてお話しします。

これは非常に簡単です。

  • 黒は、大黒柱である父親を表しています。
  • 赤は、知恵や生命を担う母親を表しています。
  • 青は、成長していく子供を表しています。

鯉の大きさではなく、色によって意味が変わってきますのでご注意です。

これらの意味があるため、3色で一家を表現し「家族の平和や成長」を意味しているんです。

こんな意味を知っていると、見上げる鯉のぼりもより一層すてきに映りますよね^^

だから、端午の節句に鯉のぼりを飾る時には、あくまでも「こどもの成長や出世」を想い行うお祝いだということを忘れてはいけません。

3色の鯉のぼりがない場合でも、最低限「青色」の鯉のぼりは除いちゃダメですよ?

一匹だけ飾っているのに、その色が「青色」意外だったら、「あ~この人、端午の節句のこと知らない人なんだぁ~」と思われてしまいます^^;

編集後記

039
如何だったでしょうか?

今回は、端午の節句鯉のぼりの意味をお伝えしました。

古代中国から伝わった風習ですが、日本でさらに独自に変化していったことが分かったと思います。

鯉のぼりには色に意味があり、家族の平和や成長を意味していましたね♪

そして、メインとなるのが「子供の成長と立身出世」です。

由来の流れから男の子のお祝いですので、男の子を子供がいるご家庭は是非とも素敵なお祝いにして下さい^^

端午の節句のまとめ記事を作成しましたのご参考にして下さい<(_ _)>

⇒端午の節句の意味や由来の総まとめ!

スポンサードリンク