039
今回はひな祭りの意味や由来をまとめてご紹介したいと思います。

ひな祭りといえば、お雛様や「うれしいひなまつり」の歌なんかが代表的ですかね~

また、菱餅やちらし寿司を食べたりもしますよね^^

でも、そもそもひな祭りってなんだろう~と思ったことはないでしょうか?

そんな疑問にお答えできると思います。

良くネットに書かれているような答えではつまらないので、新説も披露しておりますので是非ご覧ください<(_ _)>

スポンサードリンク

ひな祭りの由来まとめ

97496448f994f8d22584d568b4fc74ad_s
まずは、やはりひな祭りの由来を知っておきましょう。

ひな祭りとは、古代中国で3世紀前後が発祥と考えられていることをご存じだったでしょうか?

結構古い風習なんです。

しかも、女の子には関係ない風習だったんですよ。

もちろん人形は使用されておりましたが、お祝いというよりお祈りに近いものだったんです。

ひな祭りの由来は、古代中国の3世紀前後に行われていた邪気を払うお祈りが始まりだったと、覚えておいて下さい。

でも、こんな由来を子供に聞かれた時に説明しても良く理解してもらえないですよね^^;

ひな祭りの由来や、子供に簡単に説明する方法を別記事にまとめておりますので、ご参考にして頂けると幸いです。

ひな祭りの由来と簡単に子供に説明する詳し方法はこちら

ひな祭りにちらし寿司を食べる由来まとめ

ひな祭りには、「ちらし寿司」を食べる家庭も多いと思います。

でも、なんで「ちらし寿司」なのか知っていますか?

実は、「ちらし寿司」自体には特別な意味は無いといわれております。

意味があるのは使用されている「具材」です。

例えば、こんな意味がありますよ。

  • えび ⇒ (腰が曲がるまで長生きできるように)
  • 豆 ⇒ (まめに働くように)

他にも色々と意味があります。

最初に言ったとおり、ちらし寿司自体には意味がないといわれておりますが、私なりの見解を他の記事に記載しております。

なぜ「ちらし寿司」を食べるのか?

この答えに賛同して頂けましたら嬉しい限りです^^

ひな祭りに「ちらし寿司」を食べる意外な理由はこちら

スポンサードリンク

ひな祭りに菱餅を食べる意味まとめ

ひな祭りに菱餅を食べる人もいると思います。

昔は今のような3色ではなく、1色だったんです。

まあ、今では5色なんてのもありますけどね^^;

これも中国から流れてきた風習です。

菱餅にはその形から、人間の心臓の形をしており強く健やかに生きるという意味があると言われております。

他の意味もあるのですが、私的にはこの説が一番シックリきました♪

また、菱餅は3色が多いですがあの色にも意味があるんです。

あれは着色料ではなく、材料の色なんですよ。

緑色は「よもぎ」で出来ており、「増血効果」「貧血予防」の効果があります。

このように、健やかに生きる為に必要な栄養効果が得られるように作られているのです。

詳しくはこちらの記事を読んで頂けると幸いです。

菱餅に込められた素敵な意味に気が付いて頂けると思います。

ひな祭りに菱餅を食べる素敵な意味はこちら

ひな祭りの歌詞の意味まとめ

ひな祭りに歌う歌といったら「うれしいひなまつり」ですね^^

 

 

ちなみち、ネットなんかで調べるとこんなことが見つかると思います。

  • 「作曲者の歌詞間違い」
  • 「実は悲しい歌」

本当にそうなのでしょうか?

私には、聞けば聞くほど祭りの賑わいと伝統を重んじたバランスの取れた素敵な歌に歌詞だと思うのです。

作者が他界しているために真意は分かりませんが、私なりの新説をこちらの記事でご説明してます。

この記事を読んで頂くと、「歌詞間違い」「悲しい歌」ゴシップ好きの世論の世迷言では?と思ってしまうと思います。

ひな祭りの歌詞は悲しい意味とは思えない新説はこちら

スポンサードリンク